合唱団の歩み

設 立
「松山少年少女合唱団」として、昭和39年(1964年)5月、小学4年〜6年の男子だけの 合唱団として設立。昭和56年(1981年)に小学5年〜6年の少女を加え、松山少年少女合唱 団と団名を変える。「MBGC」の名で表すこともあるが、それは、「Matsuyama Boys & Girls Chorus」の頭文字をとっている。
設立当初の育成団体は、松山道後ライオンズクラブ、松山市、南海放送の三団体。合唱団の設立 動機として、二つのことが考えられた。

① 昭和38年のNHK全国学校音楽コンクールで、愛媛大学教育学部附属小学校が全国最優秀 となった。その時の指導者は、久米孝義先生と高須賀タキ先生であった。「少年合唱のすばら しさを、附属小学校の子どもたちだけでなく、松山の子どもたちにも経験させたい。」という 声がわき起こった。指導者には、もちろん附属小学校の二人の先生にお願いしたいという声が あがった。

② 昭和35年頃、ウィーン少年合唱隊が来日し、天使の歌声を日本中に広めた。それを機に、 日本各地で子どもの合唱団の設立が始まり、愛媛でも今治で設立された。「ボーイソプラノ」 という言葉も広がり、少年だけの合唱団が次々と生まれていた。

演 奏 会
◎ 愛媛県少年少女合唱連盟演奏会
愛媛県にある少年少女合唱団12団体が集まり、演奏を通じて交流する。開催地は、東、 中、南予で持ち回る。平成21年8月は、松山が当番となり、愛媛県生涯学習センター小 劇場で開催した。
◎ えひめ総合文化祭
総合開会式および合唱公演にたびたび出演。特に、合唱公演には、2〜3年に1回出場。
◎ 松山少年少女合唱団定期演奏会
平成27年までに49回の定期演奏会を開く。3月20日頃、松山市民会館中ホールで 行う。団員数の多い頃は、松山市総合コミュニティセンター「キャメリアホール」で行っ た。昭和60年頃からは、卒団生も演奏会に加わり、演奏会を賑わしている。指導者の歌 やピアノのステージがあることも特筆すべきことである。
◎ 全日本少年少女合唱連盟演奏会
毎年、3月下旬に、全国各地(主に西日本)持ち回りで演奏会が行われる。約45団体が 参加し、合唱を通じて交流を図っている。平成27年3月の演奏会は岡山市、平成28年3月は松山少年少女合唱団が主となり、松山で行われる予定。
◎ 各種演奏会やイベントへの出演
年間数回、以下のような各種演奏会やイベントへの出演がある。
・いよてつ高島屋でのコンサート 「クリスマスコンサート」「母の日コンサート」
・「エデンの園」「済生会」などへの各種慰問活動
・「松本零二アニメ」コンサート
・松山道後ライオンズクラブ記念式典
・オペラ「ラ・ボエーム」や「カルメン」などに出演

合 宿
夏休み中の2日間、松山市上野町にある「えひめ青少年ふれあいセンター」で合宿を行う。愛 媛県合唱連盟演奏会に向けて合唱の練習をするとともに、友達といっしょに生活する中でみんな の心を通わせていくことができる。また、合宿中に松山道後ライオンズの方たちの訪問がある。 合宿への支援やおいしいスイカの差し入れなど、子どもたちへの積極的なサポートをしていただ いている。
OB/OG通信
OB&OGの練習予定
第49回松山少年少女合唱団 定期演奏会に向けて
2014年、3月30日(日) ひめぎんホール「サブホール」
第48回松山少年少女合唱団定期演奏会の日程
MBGC指揮者阪本さんが、Nコン全国大会でまさかのピアノ伴奏を!
NHK合唱コンクール全国大会
All Rights Reserved.Copyright (c) 2010. MATSUYAMA SYOUNENSYOUJYO GASYOUDAN